フィリピンでタクシーを乗るときの注意点について

フィリピン留学バギオイメージ画像

フィリピン留学中の移動手段で今日はタクシーでの移動に関する注意点をお話させて頂きます。

 

■タクシーの種類は大きく2種類ある

 

Grabタクシーなどアプリで予約をするタクシーを除くと、タクシーの種類は大きく2つあります。

1つは白いタクシー。これは一般的なタクシーです。最近では大型のタクシーは緑色のタクシー

も出てきましたが、これも含めても良いです。そしてもう1つが黄色い色のタクシーで、Airport

タクシーになります。Airportタクシーは主に空港に待機しており、空港から指定の場所まで行く

際に利用するケースも稀にありますが、道でも見かけますし、拾うことも可能です。どちらが

お薦めかと白いタクシー、Airportタクシー以外の方になります。

 

Airportタクシーの何がデメリットかと言いますと、1つだけで初乗りの料金が高いという事です。

その為、初乗りの料金を気にされないという場合には、どちらのタクシーに乗って頂いても

問題はありません。

 

白いタクシーの初乗り料金:40ペソ(約80円)

Airportタクシーの初乗り料金:70ペソ(約140円)

この程度の違いになります。

 

■タクシーを捕まえる方法

これは日本と一緒です。道端でタクシーを見かけたら手を挙げて捕まえます。

 

■タクシーの注意点

・メーターをつけて走っているかどうかを確認

⇒先ずはメーターチェックが重要です。運転手によってはメーターを付けずに走り、言い値で

費用を請求するタクシーもあります。それほど高い値段を言い値として請求されるわけでは

ありませんが、やはり気分が悪いです。その為、メーターを付けているかどうかを確認しましょう。

もし、メーターが付けられていない場合には、運転手に「メーター、メーター」と言って

頂ければ大丈夫です。それでもメーターを付けない場合には、タクシーを降りて(費用の支払い

不要)、他のタクシーを探しましょう。

 

・小さいお金(20ペソ、50ペソ、100ペソ、コインなど)を必ず用意する

⇒タクシーの運転手の多くはお釣りが無いと言ってくるケースが多いです。その為、

それを予測して、タクシーを乗る前には、20ペソ、50ペソ、100ペソ、コインなどをできる

だけ多く用意しておくことをお薦め致します。

 

この当りが注意点となります。


トップページ » フィリピン生活情報 » フィリピンでタクシーを乗るときの注意点について

PAGE TOP