社会問題、フィリピンの子供たちに教育格差が襲う。コロナの影響。

コロナの影響はここフィリピンにも大きな被害をもたらしています。その中で

社会問題にも繋がる被害が教育格差です。

 

コロナの影響で現地の学校は再開することができません。その理由は学校内での

クラスター感染が起こる可能性があるためです。

 

その為、オンラインでの授業を開始するという事で方向性が決まりました。

しかし、ここで問題が1つあります。一般家庭の子供たちは皆さんが、タブレットを

持っているわけではなく、WIFIを利用しているわけではありません。

 

つまりは、オンライン授業を受講できる学生は限られるという事です。

 

フィリピン政府はオンラインが受講できない学生にはプリント学習をするという事

でも方向を決めました。

 

1つはオンラインですがしっかりと先生が授業を説明している様子を見れる生徒、

もう1つはプリントだけ渡されて、全て自分で学習をっしなくてはいけない学生です。

 

完全に教育格差になります。プリント学習では子供たちは本当に勉強するでしょうか?

先ずしないと思います。

 

その為、どんどん知識に格差も生まれていきます。いつ学校で学べるのか再開の目途も

たっていません。つまりは、教育の格差もどんどん開いていくことになります。

 

これは大きな社会問題の1つになると思います。ただでさえ、フィリピンの教育は

学校により大きな格差がありました。優秀な学校とそうでは無い学校です。当然

進学率などにも影響はしてきます。

 

皆さんは、この問題に関してどう考えますか?


トップページ » フィリピン留学情報 » 社会問題、フィリピンの子供たちに教育格差が襲う。コロナの影響。

PAGE TOP