コロナ後、フィリピンの語学学校や留学会社が倒産している可能性は?まだお申し込みはしない方が良い理由。

セブ島留学Best Cellaユニキャンパス外観イメージ

 

コロナが終息し、そして留学への扉が再開したとなれば、多くの留学を待ち望んでいる

学生は海外へワクワク、ドキドキな気持ちで渡航をされるかと思います。

 

しかし、注意も必要です。それは何かと言いますと語学学校の倒産や留学会社の倒産が

起こりうるという事です。追加で言いますと、倒産はコロナの影響で起こりうるという事で

留学がいつ再開するか分からない今の時点で、海外留学のお申し込みをするのは

避けた方が良いという事です。

 

その理由は

 

・お申し込みをした語学学校が倒産しているという事も可能性としては残っています。

その場合、恐らく留学会社はコロナのこともあり、語学学校への留学費用の送金は

実際に再開をしてから行うため、留学費用の方はこの点では安心かと思いますが、

もし、お申し込みをされた語学学校が倒産となれば、一から学校選びを始めなくてはいけません。

それにより費用の変動なども生じます。

 

・留学会社の倒産もありうるという事です。現在はどの留学会社も売り上げを立てるのに

相当の努力をしています。ただ海外への渡航が難しいという事でオンラインへシフトをしています。

オンラインは残念ながら、オフラインの留学とは異なり、利益率は相当低くなりますので

結果的に倒産となってしまう可能性も十分にあります。もし、倒産となれば、お振込みをした

留学費用はゼロになる可能性があります。

 

上記の点より今は、留学の相談にとどめておき、実際のお申し込みやお振込みは

避けられることが安全策だと思います。

 

実際に、この様な問題が最近ありました。某語学学校より相談を受けまして、コロナ前に

留学生を送って頂いた留学会社からの送金が無いという事です。何度も連絡をしていますが

連絡がつかないという事です。つまりは、この留学会社(ちなみに日本の会社)は、倒産

をしている可能性もあります。

 

この様な問題も事実生じています。

 

今は貴重な資金を守るべく、極力、オフラインの留学に関しては費用のお振込みは

避けられることをお薦め致します。


トップページ » フィリピン留学情報 » コロナ後、フィリピンの語学学校や留学会社が倒産している可能性は?まだお申し込みはしない方が良い理由。

PAGE TOP