マニラ国際空港での空港使用料(国内線)徴収制度の変更について

さて本日はマニラ国際空港の国内線における
空港使用税の徴収制度についてご連絡をさせて頂いております。

 

以前より、マニラ国際空港から国内線を利用する際には
空港使用税として200ペソ(約400円)が義務的に徴収されておりましたが、

2012年8月1日以降発券のチケット、それ以前の発券でも再発券したものに関して、
空港使用税がチケットに含まれるようになり、空港での支払いは不要となりました。

 

特にマニラ経由でセブ入りされる方で
2012年8月1日日付以降に発券されたチケットをお持ちの方は、
今後は日本やマニラで空港使用税のために両替をする必要はなくなります。

 

詳しくは以下ウェブサイトをご参照下さいませ。

http://125.60.203.88/miaa/images/stories/collnotice.pdf

 

ちなみに現在の所この施行はマニラ国際空港の国内線のみとなり、
マニラ国際空港での国際線、セブ国際空港国内&国際線、
その他の空港各線では、空港使用税は従来と変わらず徴収されます。

 


トップページ » お知らせ » マニラ国際空港での空港使用料(国内線)徴収制度の変更について

PAGE TOP