▶ フィリピンセブ島で親子留学・ジュニア留学・正規留学(高校留学等の単身渡航)

親子留学メインイメージ画像
こんなお悩みを感じていませんか?

 
■ どの学校で学ぶのが良いの?
■ ベビーシッターを採用したいんだけど?
■ 子供は現地の学校で同じ年齢の子供と交流させたいんだけど?
■ 長期での親子留学を考えてるんだけど?家はどうしたいいの?学校は?
■ 春休み、夏休みに子供を単身で留学させたいんだけど?

 
このような悩みが親子留学、ジュニア留学、正規留学(高校留学等の単身渡航)ではよく聞かれます。皆さんは、どうですか?該当するお悩みありますか?
当社の強みは、現地セブ島に在住し、実際に子供を学校へ行かせていることです!
当社のスタッフは、実際にセブ島の在住し(2017年2月時点で6年目)、子供たちを現地の学校へ通わせ、何が子供にとって英語を学ぶ上で重要なのかを熟知しています!

 
実際に、今までこのような経験をしてきました。
・ベビーシッター探しに一苦労
・ドライバー探しに一苦労
・コンドミニアム探しに一苦労
・学校探しに一苦労
・現地の休み時期(日本でいう夏休みなど)にどうしたらいいのかに一苦労

 
様々な苦労をしてきたからこそ、皆さんへ真実をお伝えすることができますし、サポートをお客様視点で親身にさせて頂くことができます。
当社では、親子・ジュニア・正規留学の3種類をご案内・ご紹介しています。ご希望の種類をお選びいただき、詳細についてご覧ください。

 

 

《 親子・正規単身留学の種類/留学スタイル 》

 

 

 親子留学

親子留学イメージ画像
短期親子留学(1~2週間)」と「長期親子留学(3週間以上)」についてご案内・ご紹介いたします。

 

■ 短期親子留学(1~2週間)

フィリピンに短期親子留学へ行きたい!大切なポイント、お薦め語学学校まとめ。

Point1:当社の強み
・セブに移住をして10年が経過。セブの事を熟知している
・セブに子供たちも住んでいるので親子留学で何が重要なのかを熟知している
・現地に滞在しているので現地到着後も相談やサポートも直接できる

 
Point2:短期親子留学の対象者
・夏休み、春休み、冬休みなどを利用して短期英語留学を考えている親子
・将来的に長期親子留学を考えており試験的に短期での親子留学を希望
・お母さん(お父さん)がメインで留学を考えておりお子様を連れて行かなくてはいけない

 
Point3:語学学校選びのポイント
(1) 立地場所
⇒ フィリピン留学の多くは寮滞在が基本です。
寮は語学学校の敷地内にあり学校内で生活をする必要があります。
ただお子様は学校内に滞在しているだけでは退屈を感じてしまいます。その為、外へ出て息抜きをする必要がありますので、お子様が息抜きができる場所へ居気軽に行くことができる立地場所がとても大切です。
ショッピングモール、スーパー、映画館、カフェ、レストランなどです。

 
(2) 親子の気持ちが理解できる語学学校
⇒ 実は大切ですなポイントだと思います。
多くの語学学校では親子留学の受け入れを行っていますが、実際に親子(渡航に保護者様)の気持ちの分かるスタッフが在籍している語学学校は少ないです。
というのもスタッフの年齢は若く、お子様がいないため、保護者の気持ちを理解するのが難しいです。

 
(3) 学校スタッフ、先生と距離が近い語学学校
⇒ サポート面を考えると学校関係者との距離が近い学校がお薦めです。
お子様は急に病気になったり、授業が合わなかったり、食事が合わなかあったりと気が付かないうちにストレスを感じる事があります。
そんな時、距離が近い学校を選ぶことで保護者の方も気軽に相談ができ、ストレスを抱えずに留学生活を送ることができると思います。

 

【お薦め語学学校】

■ 学校名:CET
■ 都市:セブ島

《お薦めのポイント》
・立地場所が良い(徒歩圏内で全て揃います。モール、映画館、スーパー、カフェなど)
・セブの高級住宅マリアマリアルイーザ地区に立地しているので治安も良い
・学校も小規模少人数でスタッフとの距離も近い
・お子様向けのキッズルームもあり
・オーナーは親子でセブに住んでいる長期滞在者のため理解力がある
・ベビーシッターのアレンジ、長期留学に向けての幼稚園、小学校などの視察アレンジも可能
・長期留学に向けての家、車などの必要なものに関するアドバイスも可能
・外部での滞在も可能(ホテルなど)

 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 
■ 学校名:Keystone Academy
■ 都市:スービック

《お薦めのポイント》
・フィリピンで一番と言ってもいい治安の良いエリア(犯罪率が0%)
・道路も綺麗で街並みも先進国と一緒の環境でリゾートエリアでもある
・学校周辺には動物園、水族館など遊びに行ける場所が多数あり
・学校は中規模だが常時100名以下のためスタッフも相談にのってくれる

《オプション:長期親子留学のための視察・相談(セブ島限定)》
当社ではセブ島限定になりますが、長期親子留学希望者向けの学校視察や生活面に関わるアドバイスを行っております。
短期留学中に長期留学に向けての準備も可能です。特に長期留学の場合には学校も語学学校ではなく、幼稚園、小学校、中学校などになるケースがほとんどであり、予算や学校のレベルなど含めて真剣に考える必要があります。
その為、学校の視察というのは非常に重要です。また生活面に関しても、お家の探し方、車の買い方、現地での保険加入、ベビーシッター採用などに関する大切な相談もさせて頂きます。

 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

■ 長期親子留学(3週間以上)

フィリピンに長期親子留学へ行きたい!大切なポイントまとめ。

Point1:当社の強み
・セブに移住をして10年が経過。セブの事を熟知している
・セブに子供たちも住んでいるので親子留学で何が重要なのかを熟知している
・現地に滞在しているので現地到着後も相談やサポートも直接できる

 
Point2:長期親子留学の対象者
・長期的に現地に滞在をし、お子様がメインの留学を希望
・お子様の学校は語学学校ではなく現地の学校(幼稚園、小学校、中学校など)
・保護者の方もお子様が現地の学校へ通っている間は少しの期間、語学学校で英語を学ぶ

 
Point3:現地学校(幼稚園、小学校、中学校など)選び、事前下調べのポイント

(1) 絶対に現地視察が必須
⇒ 日本から調べた情報だけで現地校を決めることは絶対にしないでください。
お客様のご予算や学校のレベルなどより事前に視察をしたうえで決めることをお薦めします。失敗は許されません。

 
(2) 事前に目安の金額を知る
⇒ 現地校で最大で生じる金額、コンドミニアムの家賃、車を購入した場合の費用、保険費用、ベビーシッター費用など、長期滞在でいくら必要になるのかを事前に調べましょう。
予算が無くなり途中で帰国という事を避けるためです。特にセブの物価は上昇していますので、費用の計算は非常に重要になります。

 
(3) 現地在住の留学会社へ相談をする
⇒ 長期留学の場合には現地の正確な情報が必要になります。語学留学であれば、留学会社の多くが情報を持っているのである程度正しい情報を得ることはできると思いますが長期留学となれば話は別です。
実際に現地で必要となるお金に関しては現地在住者しか正直分かりません。

 
《視察ツアー参加》
当社では現地学校の視察などに関する視察ツアーを開催しております。ご希望のお客様はお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

 ジュニア留学

ジュニア留学イメージ画像
フィリピンでのジュニア留学は、「ジュニアキャンプ」と呼ばれ、セブ島にある幾つかの語学学校で開催をしています。

 
Point1:ジュニアキャンプの特徴
・対象年齢は小学校~中学校が多いです。多少語学学校により参加年齢に違いがあります。
・お子様単独での渡航になります。往復で学校関係者が引率いたします。
・WEGビザの申請が事前に必要となります。

【開催情報】

※2020年夏休み時期の開催校は今のところございません。

語学学校名 都市 開催時期 参加費用 資料ダウンロード

 

 正規留学(高校留学等の単身渡航)

正規留学イメージ画像
フィリピンはセブ島で現地の高校などへ長期間通われる正規留学が徐々に増えてまいりました。
当社ではセブ島ではいち早く、正規留学のアレンジ、現地サポートなどをして参りました。つまりは実績が既にある会社になります。
セブ島での正規留学をご希望の際にはお気軽にお問い合わせください。

 
Point1:当社の強み
・スタッフが現地セブに滞在
・現地校の情報が豊富であり、事前に学校視察などの対応が可能
・正規留学中のサポートも現地スタッフが完全に実施

 
Point2:滞在期間中の滞在先や食事について
・滞在先は寮を用意、掃除、洗濯、食事の用意、そして学校までの送り迎えも提供
・現地校との連絡、そして日本にいる保護者の皆様への連絡提供を実施

 

【正規留学までの流れ】

1. お問い合わせ

 
2. メール、LINE通話などを通じ、事前の情報提供

 
3. 現地校などの視察をご希望の場合には視察アレンジ

 
4. お申込み

 
5. セブ島へ渡航

 
6. セブ到着後は英語力チェックのためのテストのアレンジ、送迎などを実施し学校決定

 
7. 学校生活スタート

 


トップページ » フィリピンセブ島で親子留学・ジュニア留学・正規留学(高校留学等の単身渡航)

PAGE TOP