フィリピン留学の面白い?嫌な?習慣

え??こんなことがあるの?と感じられるフィリピン留学の面白い習慣です

フィリピン留学の面白い?「備えあれば憂え無し」という言葉があるとおり、事前にフィリピン留学にかかわる面白い習慣を知っておきましょう。これさえ知っておけば、現地到着後にも驚くことはないし、平然としていることができます。

 

フィリピン留学は日本で受講するわけではありません。フィリピンへ来られるということは、フィリピンの文化・習慣を受け入れる必要があるということを忘れないようにしましょう。

 

1.祝日が急にできる国、フィリピン
フィリピン留学の面白い?これが最も驚かれる内容です。フィリピンも日本と同じようにカレンダーがありまして、事前に祝日が分かるようになっています。しかし、何かおめでたいことがあると、祝日をすぐに設けてしまう。これがフィリピンの面白さです。フィリピン人に取りましては、この祝日はラッキーです。仕事がお休みになります。しかし、留学生の皆さんからしますと、デメリットにもなります。授業が減るからですね。しかし、祝日は国民のための祝日でもありますので、お休みになるということは仕方が無いことです。この点は、事前にご理解して頂きたい点です。万が一祝日となれば、考え方次第だと思います。折角のお休みなので、外へ友達と出かけるのが良いのではないでしょうか?授業中に学んだことを外で実践する。そのいい場だと思えば、デメリットにはなりません。

 

2.その場で解決をできる勇気を持つ
面と向かってなかなか問題を言うことができないのも日本人の性格の1つではないでしょうか。これもインターネットなどが普及したための1つのデメリットになっていると私は思います。人前でいえないので、口コミに書いてしまったり、文句をネット上で書くものがそれに当たりますね。それで満足されるのであれば良いと思います。でも、仕事場ではそうはいきません。辞めるしかなくなるからですね。何か問題があれば、是非、その場で質問をして解決を試みようとする勇気を持つことをお薦めします。コミュニケーションをとることで、解決できる問題が多いです。解決さえすれば、皆さんもクレームを抱えることはありませんし、結果、良い学校であったということにもなります。陰で文句を言っても解決はしませんし、皆さんの成長もなくなる可能性もあります。その場で解決するように、コミュニケーションをとってみましょう。

 

3.授業中、携帯電話が鳴ると見る先生がいる
これはよくない点です。多くの学校では改善をするように努力されていますので、このような状況は減りつつありますが、それでも全くな以下といえばそうでもないのが現状です。もし、皆さんが授業中に、このような状況に出くわしてしまった場合には、先生へ直接言いにくいと思いますので、学校スタッフまたは当社現地スタッフへお伝えいただくよう、お願い致します。

 

4.授業中にあくびをする
これもよくない点です。先生によっては仕事を掛け持ちしている場合もあります。当然疲れるわけですが、その疲れは留学生である皆さんにとって関係ありませんし、学校側も厳しくしていく必要があります。もし、皆さんが授業中に、このような状況に出くわしてしまった場合には、先生へ直接言いにくいと思いますので、学校スタッフまたは当社現地スタッフへお伝えいただくよう、お願い致します。

 

5.授業中聞き返すときに「はぁ~~~」と言う
これも日本人は驚くかもしれません。授業中などに、うまく聞き取れず、もう一回言っていただくように先生がお願いする場合があります。そのときに「はぁ~~」といったりすることがあります。普通に英語「excuse meなど」で聞いてくだされば言いのですが、先生も興奮してしまって、とっさに日常の言葉で言ってしまうこともあります。それが、この「はぁ~~」になります。日本では喧嘩を売っているの?という言葉ですが、フィリピンでは日常使われる言葉です。どうか、理解をして頂ければと思います。

 

6.人前で「ゲップ」をしてしまう
これも日本ではありえないことですが、フィリピンでは日常ありえる話なんです。しかも、男性・女性も同じです。これも、どうか理解をしていただけると助かります。

 

7.学校に対する不満を言う
これも残念ですが一部のフィリピン人講師に多いです。学校に対する不満(特に給与)を言う場合ですね。聞いてしまう留学生に取りましては、先生へ同情をしてしまう場合もあるかもおしれません。しかし、学校と先生は契約に基づいて給与も決定してしますので、学校側には否がありません。もし、先生が不満などを言ってきた場合には、学校スタッフまたは当社現地スタッフへお伝えいただくよう、お願い致します。

 

8.コロコロ学校を辞める先生もいる
これも困った問題です。フィリピン人の給与はまだまだ安いです。そのため、少しでも給与が高いと、その学校へ行ってしまう方が多いです。学校(企業)への愛着が少ないということが言えます。もちろん、学校側も給与を上げるという措置を取れば言いという意見もありますが、先生の先生の働きぶりも見ないと評価もできませんのですぐに給与を上げるということも難しいです。このような理由により、急に先生が学校を辞めてしまうということもありうるということも頭に入れていただければと思います。

 

フィリピン留学の面白い?

 


トップページ » フィリピン留学とは? » フィリピン留学の面白い?嫌な?習慣

PAGE TOP