間違ってない?フィリピン留学に関する誤った情報

間違ってない?フィリピン留学に関する誤った情報まだそんなイメージをお持ちですか!!それは一昔前のフィリピン留学!!
時代が変われば、学校も変わる、ここで新しいフィリピン留学の知識を持ちましょう~

 

間違ってない?フィリピン留学に関する誤った情報1.韓国系の語学学校は韓国料理を出す ⇒ 相当な間違い
今でも韓国系の語学学校は韓国料理を出すと思われている方が非常に多いです。これは大きな間違いです。特に人気のあるセブ島に多く見られますが、今、韓国系の語学学校は韓国人だけではなく、日本人、台湾人、中国人、タイ、モンゴル、ベトナムなど、多くの国からの留学生を集めています。国籍のバランスが非常に良いのが現状です。国籍のバランスがいいということは、食事に関しても韓国人にだけ、合う食事を出す出すわけには行かなくなりました。そこで、色々な国の留学生の口に合う食事を出す必要があります。そのため、韓国料理ばかりを出すというのは、もう無い話です。[

 

2.日本人経営の学校は日本食ばかりを出す ⇒ 間違い
これも間違いです。日本食は最もコストがかかります。費用が高くなるということですね。また味付けも難しいのが日本食です。日本人経営の学校は日本食を出すことも多いですが、辛くない料理を出すという考えでいたほうが現地到着後に問題にならなくていいと思います。毎回、日本食ばかりを出すと思われて、実際にクレームに繋がっているという話もあります。

 

3.マンツーマンレッスンのみのコースが英語力を伸ばす ⇒ 相当な間違い
間違ってない?フィリピン留学に関する誤った情報この点は間違われているお客様が多いと感じています。確かにフィリピン留学の特徴は「マンツーマンレッスン」です。しかし、マンツーマンレッスンのみのコースを受講すれば、もっともっと英語力が伸びるかといえば、そうではありません。マンツーマンレッスンのデメリットを知らないからそうなります。マンツーマンレッスンのデメリットご存知でしょうか?それは「人前で話す訓練ができない」ということです。マンツーマンのみばかり受講をしていますと、人前で話すことができません。事実、フィリピン留学後に、ワーキングホリデーで渡航されたお客様(当社のお客様ではありません)がいまして、ワーホリ先で語学学校へ通われたそうです。しかし、一言も発することができなかった。なぜか、人前で話すことに慣れていないからです。その生徒様が最後に発した一言、「自分はマンツーマンレッスンが良い」ということです。ここまで来ると目的が変わったということになります。目的は「英語を話せるようになる」ということだったと思いますが、人前で話せなければ目的達成はできません。しかし、「マンツーマンレッスンがいい」ということになると目的が「マンツーマンレッスンを受けること」になったということを指します。フィリピン留学の研究者になってしまったということです。
これでは意味がありませんので、グループレッスンも取り組まれているコースを受講しましょう。

 

4.スパルタコースは英語力が伸びる
間違ってない?フィリピン留学に関する誤った情報これも大きな間違いです。スパルタコースの特徴は、授業時間が長いのではなく、ルールが厳しいというのが特徴です。平日外出ができないというのがその大きな特徴のルールになります。つまり、学校の中にこもっていなくてはなりません。学校側も、学校の中に生徒をいさせるわけですから、何かをさせなくてはいけません。
その何かは何だと思いますか?「自習」です。ですから多くのスパルタコースを持っている学校は「義務自習」という時間を設けているわけです。では、その自習時間、自習って大事ですか?これは意見が割れるところですが、結論は、大切だが、重要ではないということです。どの授業でも宿題は出ますので、宿題は自習の時間に行うのが良いでしょう。しかし、授業が終われば、遊んだほうが良いです。受験を思い出してみてください。思いっきり机に向かって勉強をしていました。話せるようになりましたか?YESの場合には、自習を続けるのが良いと思います。
しかし、多くの方はNOだと思います。それであれば、自習は英語力を伸ばすということに繋がらないということが言えます。スパルタの自習時間は、あまり意味が無いということに繋がりますので、スパルタ=英語力が伸びるというわけで「無い」ということが言えます。

 


トップページ » フィリピン留学とは? » 間違ってない?フィリピン留学に関する誤った情報

PAGE TOP