フィリピン留学、持っていくと便利な持ち物

フィリピン留学、持っていくと便利な持ち物どの語学学校へ行くかも決まり、さあ、荷物の準備をスタートするというところ。あれ?フィリピンへは何を持って行くのがいいのだろう?と疑問を持たれるお客様もいらっしゃるのではないでしょうか。
ここでは、フィリピン留学で持って行ったほうがいい持ち物についてお話します。

 

フィリピン留学、持っていくと便利な持ち物■フィリピン留学で必要な持ち物一覧
以下の荷物をご用意していただくことをお薦めします。全て必要であるというわけではなく、この中から自分が必要だと思われるものをご用意ください。

アイテム 現地購入 内容
パスポート × パスポート残余期間が入国前に、6ヶ月以上+滞在日数以上残っているかを確認。紛失等に備えてコピーを2枚とり、財布やトランク等に保管しておく事をおすすめします。
航空券 フィリピンに入国するためには、第三国か復路の航空券を所持していない場合、入国を拒否される場合がありますので、必ず往復チケット(フィリピンの後に、第3国に出国する予定の方は、復路分の代わりにその行程分のチケット)持参し、紛失に備えてコピーを別に保管する。Eチケットの方はEチケットの控えを必ずご用意して下さい。オープンチケットを購入されている方も帰国日を仮に設定しその控えを持ち入国してください。帰国日を設定していない場合入国を拒否される可能性があります。
お金 日本円を持参(日本で両替をする必要なし)。マニラ空港やセブ島の空港内で両替が可能。心配であれば、フィリピンの空港到着後に1万円だけ両替する。基本的にオリエンテーション(月曜日)に学校が最寄の両替所へお連れし、そこで両替が可能です。
ビザ 不要。30日以内の滞在まではビザ不要。30日を越えて滞在する場合は、現地でビザの延長を行う。
証明写真 SSP(フィリピン国就学許可証)発行やビザ延長手続きの際に必要です。原則、サイズが5×5cm、背景色は※5枚ほどあれば十分。サイズは5cm×5cm。背景は白。メガネをはずした状態で写真をお撮り下さい。
海外旅行傷害保険 × フィリピンで治療を受ける際必要です。ご加入の海外旅行保険の提携病院にてキャッシュレスまたは日本帰国後払い戻しが可能なものです。クレジットカード付帯保険の場合はキャッシュレスにならない場合もありますのでフィリピンから確認できるカード会社の電話番号を持参してください。
クレジットカード × MasterやVISAは使えるところはありますが、キャッシングされる方はあらかじめ日本で設定する必要です。
衣類 夏物衣類(Tシャツ、半袖シャツ、短パン、下着、靴下等)、冷房対策衣料(長ズボン、長袖シャツ薄手の上着を1枚以上ショッピングモールやエアコンバス等の冷房の効いている場所に備え)。1週間分用意していただければ問題ありません。尚、年間の平均気温は26℃〜27℃になります。ご自身の体質を加味してご検討下さい。
生理用品 フィリピンでも購入は可能ですが、心配でしたらお持ち頂くことをお薦めします。
タオル バスタオル、フェイスタオル必要。
水着 現地でも安く購入が可能。ゴーグルもあると尚便利です。
履物 スニーカー、ビーチサンダル、室内用スリッパがあると便利。
帽子 暑さ対策のためにも帽子はお持ちのほうがいいと思います。
デジタルカメラ フィリピン滞在中の想い出を写真へ残すためにもあったほうがいいです。
PC 写真を保存したり、日本のお友達とコンタクトをするためにもお持ちいただいたほうが便利です。
日焼け止め 日差しが強いため、日焼け止めをお持ちいただくことをお薦めします。
スコールがあるフィリピンでは傘も必要です。ただ折りたたみの傘がベターです。
化粧品 現地でも購入可能ですが、気に入ったものがある場合には日本から持参しましょう。
シャンプー 現地でも購入可能ですが、シャンプー、コンディショナー、ボディーソープで気になるものがあれば日本から持参しましょう。
各種充電器 × フィリピンへお持ち頂く電化製品の充電器も一緒に持ってきましょう。
変圧器 × フィリピンの電圧は220V、日本は100Vのため、日本の電化製品で220Vに対応をしていないものを利用する際には変圧器が必要です。
サングラス 紫外線が強いため、目を守るためにもサングラスをお持ち頂くのがいいです。
虫除け デング熱から身を守るために必要です。
歯磨きセット 歯磨き粉、歯ブラシ、石鹸、シャンプー、カミソリなどの基本的な洗面具
蚊取り線香 デング熱より身を守るためにもあったほうがいいです。
常備薬(風邪薬など) フィリピンでも薬は売っていますが、心配な場合には日本からも持参しましょう。
辞書 電子辞書もいいですが、何度間違えたか確認ができるため本タイプの辞書がお薦めです。
ノートなどの文具 フィリピンでも購入ができますが、質が悪いため、文具は日本から持参したほうがお薦めです。
ふりかけ × ふりかけはあったほうが役立ちます。色々な種類のふりかけを用意しましょう。
目覚まし時計 特にスパルタコースを受講されるお客様は必要です。
ティッシュ フィリピンでも購入ができますが、日本から少しお持ちいただいたほうが便利です。

 

■必携!手荷物として持っておくべきアイテム
手荷物として(機内に持ち込む)お持ちいただくと便利なアイテムをご紹介します。
1)歯磨き
航空会社(大韓航空、アシアナ航空などの経由便)によってはフィリピンへ深夜に到着となる場合があります。その際、歯磨きを機内で済ませることができますのでお持ちいただくのが便利です。
2)ボールペン
機内では入国審査に必要な書類への記入が必要になります。そのため、ボールペンはお持ち頂いた方がいいです。
3)学校の住所、電話番号が書かれた書類
入国審査の書類へ記入をする際、学校の住所や電話番号などを書く箇所がございます。ミスがないように、学校の住所や電話番号が書かれた書類はお持ちするようにしましょう。
4)緊急連絡先
空港到着後、先ず皆さんが受けていただくサービスの1つが空港で迎えです。皆さんの到着時間に合わせて通われる学校のスタッフがお迎えに上がりますが、万が一会えなかったということもあります。その際には、必ず事前に会えなかったと故意の緊急連絡先電話番号が書かれた紙をお渡しさせていただいておりますので、その用紙を忘れないようにしましょう。
5)長袖
フィリピンは夏ですが、機内は、物凄く寒いです。ブランケットを用意している航空会社様がほとんではありますが、それでも足りないという場合もございます。長袖は1枚持っておくと便利です。

 

■意外!?日本からフィリピンへ荷物を送ってもらう際の郵送方法
日本からお持ちした荷物では足りず、日本から送ってもらう必要があるという場合もあるでしょう。注意をしてほしいのは、日本からフィリピンへ荷物を送るときの郵送方法です。
「郵便局から送るのはやめよう」ということです。郵便局からフィリピンへ送った場合、指定住所(皆さんの学校)へ届きません。フィリピンにある中央郵便局へ届き、その中央郵便局より学校へ到着した旨が記載された葉書が届きます。それを持ってとりに行く必要があり、非常に面倒です。ちょっと費用は割高ですが、DHLやFEDEXなど民間の宅配業者を利用していただくことをお薦めします。

 

フィリピン留学、持っていくと便利な持ち物

 


トップページ » フィリピン留学とは? » フィリピン留学、持っていくと便利な持ち物

PAGE TOP