遊びながらと記載されていますが、英語力は延びるのでしょうか?

さて以下ご指摘いただいておりますご質問でございますが、英語に限らず

言葉は、遊んで覚えるというのが一番でございます。ただこの「遊び」の仕方を

しっかりとご理解をして頂く必要はございます。先ず、理解しやすい方法としては、

我々が経験しているという事です。日本人は日本語を話すことができますが、

何故話すことができたのかという事です。特に毎日、勉強をしていたわけではない

と思います。日本学校へ行き、マンツーマンレッスンを受けていたわけではないと思います。

 

しかし、忘れずに話すことができます。何故なのか?その理由は、今までの年数を、常に

朝起きてから夜寝るまで日本語を聞き続け・話し続けてきた結果がそうさせています。

テレビも日本語、ラジオも日本語、インターネットでも日本語、学校でも職場でも日本語だと

思います。

 

英語も同じです。結局は、短時間で覚えるという事は無理があり、とにかく、英語漬けの環境の

自分の身を置くことができるかどうかで、身に付くスピードが異なります。多くの留学生は

留学へ行けば、海外へ住めば英語を学ぶことができると思われていますが、それは間違いです。

 

留学は学ぶ場所であり、英語を身につける場所ではありません。授業は自分の話す英語などに間違いがあれば

先生がそれを直すというのが授業です。そして、その治された英語を、自分のものにしなくてはいけません。

つまり復習のようなものが重要になりますが、いつ行うのか?総授業以外の時間にしか行うことが

できませんし、尚且つ、受験勉強のように机に向かて勉強をしていても話せるようになりません。つまり、

授業以外の時間に学んだ英語を実際にスピーキングをすることによって自分の身になります。このスピーキング

をすることが最も重要です。このスピーキングをするという事を「遊び」と言っています。

 

机に向かって勉強をするのがいかに語学を身につけるうえでは、非効率化は受験を経験されていらっしゃれば

非常に理解しやすいと思います。また、海外生活も同じで、ワーキングホリデーという制度がございます。

これは1年間海外滞在ができるというものですが、先ず、話せるようになて帰国をされる留学生の方は少ないです。

その理由も簡単で、英語漬けではなく、結局、日本語漬け(日本人と常に行動をし、日本語ばかり話している)に

なっているため、海外に居ても話せません。駐在員さんもそうですね。ここセブ島にも駐在員さんは多数おり

ますが、先ず、英語話せません。

 

最終的に言葉は、英語漬けになれるかどうかで(もちろん授業で学ぶことも重要です)、伸びるかどうかが決まると

感じます。ある程度、英語力がある方ほど、英語漬けの環境に居続けることでどんどん伸びます。その意味では、

ジュニアキャンプも同じで、英語漬けになりやすいキャンプの内容を選び必要が、本来であれば重要ですし、

特にある程度の英語力があるという場合には、大切になると思います。日本語漬けのジュニアキャンプは、

初級レベル、又は経験を積ませたいという意向のお客様へベストなプランであると思います。

 


トップページ » 今日あった質問コーナー » 遊びながらと記載されていますが、英語力は延びるのでしょうか?

PAGE TOP