ワーホリ予算

東京オフィスではフィリピン留学のみならずワーキングホリデーについてもご相談に対応が可能です。

実は私自身ワーホリ経験者なんです(^^)

 

さて、ワーホリ希望者から頂く質問の中で最も多い予算についてお話します。

お金は安く済ませるに越したことはありませんが、最低限でも一体いくら必要なのか心配ですよね。

 

まず留学とワーホリでは費用面で大きな違いがあります。

留学は「学ぶ」ことを目的に海外生活をします。

語学学校、専門学校などその国で学生をする必要がありますから、一方的にお金を費やすことになりますね。

 

一方でワーホリは1年間(国により2年間)を自由に過ごすことができるビザです。
語学習得はもちろん、就労も可能ですし旅行や趣味に没頭することもOKです。
その為、主には初期費用にどれだけお金をかけて、あとはいかに収入で生計をたてられるかがポイントになります。

 

アルバイトとはいえ、オーストラリアの最低時給が16ドル、カナダは10.25ドル+チップ(セルフ店はもらえない)もらえます。
語学学校を終えて1日フルタイムで働くことができるようになりますと、十分生活費を稼げる賃金ですね。

 

実際、どのような環境でお仕事ができるかは不安かもしれませんが、状況はみんな同じです。
前向きに捉えて、仕事を得る為にしっかり語学習得に励みましょう!

 

さて、そうなりますとワーホリの初期費用はいくら必要でしょうか?

主に必要となる費用は以下の通りです。
●語学学校
・入学金・教材費 約3万円
・学費 約12万円/月
●生活
・家賃 約6万円/月
・食費(自炊) 約3万円/月
・雑費・交遊費 約3万円/月
●航空券
・片道航空券(燃油税含む) 約5~10万円
●海外保険
・保険代 約17~25万円/年

 

例えば3ヵ月間語学学校へ行き、その間生活費を費やし、学校が終わったらアルバイトで生活ができるようするとします。
3ヵ月学校費用 約39万円
3ヵ月生活費 約36万円
航空券代 約5万円
保険代 約17万円
[合計] 約97万円が最低限かかります。

 

上記費用は3ヵ月の学校が終わった時点です。
学校が終わり仕事を探しますが、雇用が保証されているわけではありませんよね。
その為、万一仕事が見つからない場合でも生活ができるだけの予備費用が必要です。

 

予備費用はできる限り多い方が良いでしょうが、最低でも30万円は持っておきたいところです。
そうしますと、合計費用97万円+30万円ですから、127万円が適した予算となります。

 

今回算出しました予算シミュレーションはあくまで一般的なものです。

希望される都市によって物価の違いがありますから、それをふまえてお考えになると良いでしょう。

 

他にもご質問やご相談はいつでもご連絡を頂ければと思います(^^)

 

カナダでバックパック旅

10492112_824611717572954_4393948917592373937_n

 

オーストラリアでホームパーティー

208578_155275534535385_100001588190988_344426_7628998_n

 

カナダ語学学校学校の仲間たち

23339_565634500162107_63356097_n


都市で選ぶ

-->

PAGE TOP