海外で日本人が弱いところ

こんにちは。東京オフィスからの投稿です。

昼間は20度近くまで気温が上がるようになって過ごしやすいですね。

暖かくなると活動的になりますので、留学相談が少しずつ増えてきます。

 

さて、先日当社東京オフィスでカナダワーホリ帰国者セミナーを行いました。

トロントでワーホリしていた方がゲストスピーカーとしてお話してもらいました。

IMAG0991

 

そのときのお話の中でこんなことを言われていました。

 

「私たち日本人は意外と日本のことを知らないです。日本の人口、東京の人口、地元の人口をすぐに答えられますか?」

 

語学学校に行けば色々な国からの学生とクラスメートになります。
仕事をすれば同じく色んな人と会話をする機会があります。

 

そのときに日本のこと、自分のことを聞かれてうまく話が出来ないことが、実は結構多いのです。
他にも政治、経済、宗教についての話題も出てきます。
そのたびに意見が言えない…となれば友達関係が築けないということもあると言います。

 

海外の人々は自国のことや自分のことを自慢したり意見したりすることに慣れています。
それが当たり前と思っている人も非常に多いです。

 

留学・ワーホリ準備=『英語勉強』と思われがちですが、『日本のことを知る』ということにも目を向けてご準備頂きたいと思います。

 

それと、もう一つ!!
“自分の意見をはっきり言葉で伝える”こともとても大事。
物事の好き嫌いはもちろん、Why? Why not? と聞かれたときに、その理由もしっかり伝えることが重要です。

海外では日本のように相手の気持ちを察したりすることができません。その為、相手には気持ちや意見を『言葉』で伝えることがとても必要であり、重要になります。

 

少しずつ出発者が増えてきました。
素晴らしい海外生活を、一つでも二つでも素敵な経験をして欲しいと思います(^^)


都市で選ぶ

-->

PAGE TOP