誰しも唯一平等なもの

こんにちは。東京オフィスです。

 

昨日27日に久々に舞台を観に行きました。
ロストマンブルース」という舞台です。

 

皆さん迫真の演技で本当に感動しました。
ネタバレしてしまいますから内容は詳しくお話しできないのですが、『時間』が一つのポイントになっています。

 

時間というのは誰しも唯一平等に得られているもの。
その過ごし方一つで幸にも不幸にもなります。

 

海外留学もワーホリも、予算や目的は人それぞれ。
海外をどのように過ごすか、時間をどう費やすかも自分次第なんですね。

 

留学やワーホリは自己投資です。消費ではありません。
投資というのは見返りを求めるもの。
つまりお金をかけて海外へ行く以上、みんな何かを得て帰ってきたいですよね。

 

その何かというのは、大抵は『語学力の向上』。
中には海外生活、リフレッシュという方もいますが。

 

そこで話は少し変わりますが、留学やワーホリでたまにお金の話になります。
なるべくお金を抑えたいというご意見。
もちろんその気持ちわかります。

 

私も何かを買うときに同じものなら安く済ませたいと思います。
留学も同様ですね。その点弊社は手数料というものは頂きませんから、どこの会社さんよりも安く留学をして頂くことができると思います。

 

それでももっと費用を抑えたい…。
んー物理的に無理な時があります。
例えばワーホリをするのに平均120万円ほどの予算に対し、50万円の予算でも可能です。
けど語学学校へ通えるほどお金に余裕はありません。

 

渡航後すぐ仕事に就くならOKです。
しかしそれが自分にとって適したワーホリかは別問題です。

 

話を戻しますが、海外留学やワーホリをする時はおそらく人生に一度するかどうか。
その与えられた貴重な時間をどう費やすかは自由です。自分次第。
それに対してお金。これも自由です。
しかしながら、留学やワーホリは自己投資。
何かを得たければ『お金』は必要不可欠。

 

せっかくの貴重な海外生活です。
時には思い切ってお金を使うことも大事。
何もかも費用を抑えるというのではなく、メリハリをつけてお金を使うことをぜひ覚えて欲しいなと思います。

 

少し抽象的でわかりづらい説明かもしれません…
その際は遠慮なくお聞き頂ければと思います(^^)

IMG_6954


都市で選ぶ

-->

PAGE TOP