田舎のエリアにある学校は本当に安いのか!?

いや~~良く聞く質問の1つです。マニラやセブ島は都会なので、
物価が高くなり結果費用が割高になる。
その点、地方都市は物価が安いので費用が安くなる。

 

この内容は、実は大きな間違いがあります。

 

語学学校の費用は物価とはあまり大きく関係はしておりません。
その理由は、語学学校は留学会社へ支払う手数料を上乗せして料金価格を決めているためです。

 

その為、物価に関係なく、田舎でも高い学校はありますし、都会でも安い学校はあります。
これが現実です。

 

逆に田舎にあり費用が高い学校は、留学会社へ支払う手数料を多くしないと
売ってくれないと判断し費用を割高にしているので、
質が本当に高い学校とは言えません。

 

都会の学校でも、しっかりとした学校はお客様の事を先ず第一に考え、
そして自分の学校にもプライドを持ち、留学会社へ支払う手数料分も低くし
低価格で料金を出しています。教育という点を大切にしているからです。

 

そして、もっと大切な点は「通貨」です。語学学校には「日本円」で料金を出している学校、
「アメリカドル」で料金を出している学校があります。どちらがお得かと言いますと、
為替レートが答えを出して下さいます。今はかなり円が強い、円高傾向です。
その為、アメリカドルで料金を出している学校を選ぶだけで、かなりのメリットがあります。
逆に日本円で料金を出している学校を選びますと、この為替レートのメリットを全く受けることができません。

 

つまり、料金が高い・安いは田舎等の場所で決まるのではなく、学校の考え方、通貨で決まるのです。

 


トップページ » フィリピン留学トピックス » 田舎のエリアにある学校は本当に安いのか!?

PAGE TOP